冬の寒い朝でもスッキリ起きてランニングを始めるための実践的な方法

スポンサーリンク

冬はある意味、ランニングには適した季節です。
軽いランニングなら春や秋の方が適していると言えますが、長~く走ったり、ちょっと本気度を挙げて走るには、やはり気温は低い方がよいですね。

とはいえ、朝早く起きて走るのはさすがに厳しいです。
走るとか以前に、布団から出るのに大きな意志が必要です。。
それでも朝早くから起きてランニングしている人はたくさんいます。
そんな方々を目指して、冬の早朝ランニングをしてみませんか?
そのために寒~い朝にスッキリと起きてランニングに向かうための実践的な方法を考えてみました。

ランニングウェアのまま寝る

まずはこれ。ものぐさですが。
起きられない要因は、なんといっても寒さを乗り越えることが出来ないから。
中でも、服を着替えるというのはハードルが高いです。だってせっかく暖まっている身体を裸にしないといけないんですもの。

そこであらかじめランニングウェアを着ておきましょう。
なんて天才的な考え!
きついタイツなどを履いておくのは、ちょっと寝るには厳しいですが。
まあ、ジャージぐらいなら問題ないでしょう。
ただし、毎回洗濯しないといけないですが。

起きる前に部屋を暖かくする

次はもっと簡便かつ現実的な方法です。
起きるちょっと前に暖房が作動するようにタイマーをセットしておく方法です。
これはラクチン。

これなら寒さも関係ないですね。
着替えるためだけに暖房をつけるのはちょっともったいない気もしますが。
そこには目をつぶって、ちょっと暖か過ぎるぐらいの温度にすると、逆に起きたくなります。多分。

お気に入りの音楽を大音量で

寒さ対策をクリアしても、まだ起きられない方へ。
気分を高揚させるために何かをしてみましょう。
お気に入りの音楽を聴くのは即効性がありますね。

音量も思い切って大きくして見ましょう。
当然、スピーカーはダメですね。
ヘッドフォン・イヤホンで聴きましょう。

あらかじめお気に入りの曲をプレイリストなどでセットしておくと、3曲目ぐらいにはその気になるんじゃないでしょうか。

早く寝る

朝、気持ちよくスッキリと起きるには、やはり早く寝るのが一番ですね。
とはいえ忙しい現代人。なかなかそうはいかないですが。
やはり寝る前にやっていることを、何か削らないと早く寝るということはなかなか実現できないですね。

なんとなく見てしまっているテレビとか、スマホいじりとかをやめてしまってはどうでしょうか。
おいおい、じゃあ楽しみがなくなるじゃないか!というあなた。
ラジオを聴きながら寝るというのはどうでしょうか。

最近はタイムフリーで好きな番組がいつでも聴けるようになっています。
radikoとか、NHKらじるらじるの聴き逃し配信とか、ラジオクラウドとか。
便利な世の中になったものです。

その中で刺激的な番組は避けて、のんびりとした落ち着いた感じのものを選べば、寝るための導入には最適ですよ。
私はいつもそのパターンです。
なにもないといろいろなことを考えてしまって、なかなか寝付かれないこともありますが、落ち着いたパーソナリティの声を聴いていると、いつの間にかスヤスヤと。

ラジオだけでなく、ポッドキャストというものもあります。
ちなみに私のお気に入りの番組は「HOTCAST」です。

この番組は好きすぎて、寝ながら聴くのはちょっともったいない気がしていますが。

まとめ

というように、早く起きるといってもいろいろなアプローチがあると思います。

どれが適しているかは人それぞれ。
いろいろ試してみて、自分に合った方法を見つけるのが一番かと思います。

冬の朝も一旦、走り始めて身体が温まってくれば気持ちいいですよ。
まだ暗いうちに走り出して、朝日が昇ってくるのを眺めながら走ると、気分はサイコー。

コメント