暑い夏とマスクとランニング

スポンサーリンク

新型コロナウィルスとの戦いは、まだまだ果てしなく続きそうな中、暑い夏を迎えようとしています。

ただでさえランニングするには厳しい季節ですが、今年はコロナ対策でマスクをしないといけないというオマケもついています。まあ、必ずマスクをしないといけないわけではないですし、マスクをしないでランニングしている方も多いですがやはり周りの目は気になりますよね。。

私もマスク替わりに山中伸弥教授おすすめのバフ(Buff)を着用して走っていますが、できることなら外して走りたいと思います。いや、なんとしてでも外したい!と思いますよね。

そもそも暑い時って、ただでさえ息苦しくなりませんか?冬とかと比べると空気中の酸素が少なくなっている気がします(気のせい?)。そこにマスクをしたらなおさら息苦しい。。更に暑いし。

ということで、この「暑い夏とマスクとランニング」について思いつくままに雑文を書いてみようと思います。

バフを1ヶ月あまり使った感想

1ヶ月ほど前にバフを購入してから使い続けています。

山中伸弥教授おすすめ!ランニング時にマスク代わりになるバフ(Buff)着用レビュー
出典: この新型コロナ騒動の下、外でランニングをしてよいものかと悩んでいるランナーの方々は多いと思います。 その答えの一つとして、あの山中伸弥教授がYouTubeに「ジョギングエチケット」なる動画をアップされています。 ...

これで快適かというと、決してそういうことはなく。。しかし他に代替品はないので使い続けています。普通の不織布マスクに比べるとはるかにマシだと思うし。

まだこれまではそれほど気温も高くなかったので、暑さという面はあまり気にならなかったのですが、やはりそろそろ気になりだしてきました。また前述のように「息苦しさ」があるんですよね。まあそれがないとマスク効果もないということになるので避けようがないんですが。

それと見た目。だんだんと慣れてきたし、周りも同じような恰好だから問題ないんでしょうけど、改めてまじまじと見てみると銀行強盗そのものですよね。ちょっと悲しい。。

マスクをして走ると熱中症になるぞ!

最近はマスク着用と熱中症の関係が各所で語られています。

厚生労働省も環境省と連名(?)で以下のようなPRを行っています。

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントをまとめました
「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントを掲載しています。

この中に以下の記載があります。

高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。

うーん、天下のお役人さまがマスクを外せと言ってますよ!

ランニング・ジョギングでは、集団で走るケースは除いて一人で走るのであれば、まあかなりの距離は確保できますよね。走るコースにもよると思いますが。

田舎であれば、そんなに人と出くわすこともないし、出会っても距離を保ってすれ違うこともできます。

ましてや周りに誰もいないときにまでマスクをする必要性は全くないですね。というかするべきではない。

人が近づいてきたときにだけマスクをすればいいじゃん!

マスク製造販売に異業種から参入

当初、シャープがマスク製造販売に乗り出して話題になりましたが、その後も続々と異業者からの参入が続いてますね。ある意味、企業PRにもなるということで損得抜きに参入してきているところもあるのでしょう。

最近はミズノがオンラインで発売したスポーツ用の(?)マスクが速攻で完売となったということで話題になりました。うーん、これ欲しかった。。

他にもいろいろ参入が続いているようです。

IT総合情報ポータル「ITmedia」Home
テクノロジー関連のニュース及び速報を中心に、レビューや特集記事を掲載。

これは市民ランナーからすると歓迎したいですね。これまではニーズがなかったので適当なものがありませんでしたが、本気になれば各メーカー、ずっとランニングに快適に使えるものを開発できると思います。

本格的な夏が始まる前に、本格的なランニング用マスクが発売されることを期待します!

そもそもどのくらいの割合の人がマスクをしているの?

実際のところ、どのくらいの割合なんでしょう?

ウチは結構、田舎といってよい地域ですが、そこでは着用率はせいぜい半分くらいという気がします。都会ではもっと高いんでしょうね。場所によってはほとんどマスクしてる?

それより散歩している人たち!そちらの方がマスクをしていない人が多いですね。特におじいさん。ほとんどマスクしてない。。この年代にはなにか共通認識があるんでしょうか。

結局、人のいないところを走ろう!

最終的な結論としてはこれになります。

人がいないところならマスクなんてする必要ないじゃん!と。

科学的な立場での判断としてはそうなりますよね。ただ社会的は、感染予防になることはすべて100%やらないと絶対にダメ!という人もいるので、必ずしもマスクなしでOKといえない部分は残りますが。

個人的には最近はほとんど人がいないコースを走っています。もちろん完璧に人がいないわけではないですが、家から2~3㎞も走ればその先はほぼ人のいない耕作地帯(?)や山道になるので、そこまで来たらマスク(バフ)を外して走っています。

しかしそうなるといつも同じコースになってしまうんですよね。さすがにちょっと飽きてきた。。

これからの夏、マスクをしながらランニングを継続できるかちょっと自信がなくなってきつつある今日この頃です。

コメント