市民マラソン大会のエイドにあるとうれしい食べ物5選

スポンサーリンク

市民マラソン大会のエイドといえば、給水が中心ですが、最近ではバラエティー豊かな食べ物も並んでいる場合が多いです。

大きな大会では、大会公式のエイド以外にも私設のエイドもたくさん出てくれています。

記録を狙って1秒を争うような人は、給水以外は無視するか、自身で補給用のゼリーなどを用意するのでしょうが、そこまでのレベルではない人は食べ物系のエイドは楽しみなものです。

私もハーフまでの距離ならレース中に食べ物を摂ることはないですが、フルなら必ず何かを食べます。

後半はどうしても立ち止まることになるので、ちょうどよい休憩にもなりますしね。

そこでこれまでの経験上、あってうれしかったエイドの食べ物を挙げてみたいと思います。

バナナ

バナナは王道ですね。

なんだかすぐエネルギーになってくれそうな気がします。

一本丸ごとというのはちょっと食べにくいですが、たいていは小さくカットしてくれています。

皮を剥くとどうしても手がべとべとになるのが玉にきずですが、給水の水で流せばよいでしょう。

パン

パンはスタート前に食べることが多いですね。

これも自然なエネルギー源(?)の代表格です。

レース中に食べるには口の中がパサつきそうですが。。

ただ私の場合、給水があるとどこでも給水してしまうので、フルの場合など途中から「もう水はいらない。。」というパターンになりがちで、そういう場合には乾いた(?)パンがよく合います。

たいてい置いてあるのはロールパンの場合が多いですね。

中にマーガリンかクリームがちょびっと入っていればうれしいですが。

チョコレート

これもエイドで提供されるのは多いです。

私設のエイドでもよく配ってくれています。

バナナやパンに比べると気軽に食べられるのがいいです。

その分、どれほどエネルギーになるんかいな?とは思いますが。

ただチビチビ補給するにはよいものだと思います。

飴もチョコレート同様に提供されるのは多いですね。

梅やレモンなど酸っぱい系のものがうれしいです。

豚汁

豚汁は、ゴール後に提供されるのが一般的ですが。。

レース中のエイドで提供される場合もあるんですよね。

冬場に川沿いの堤防を走るコースなどは、たまらんぐらい寒くなるんですよね。

そういう場合、こういう汁ものがあるとうれしくなります。

ただあまりレース中に落ち着いて食べることはできませんが。。

「もう記録はあきらめた!」というようなときは、一息ついてこういうお食事をするのもGoodです。

番外:おにぎり

本当はおにぎりがあるのが一番なんですが。

なぜか今まで一度も見たことが無い気がします。

やはり他のものに比べると用意するのが手間だからでしょうか。

小ぶりなサイズで多めの塩気があるおにぎり。

用意してくれれば飛びつくんですが。。

コメント