びわ湖毎日マラソンの後継大会案が浮上!開催時期は?コースは?

スポンサーリンク

びわ湖毎日マラソンは、2021年2月28日に開催された第76回大会をもって廃止となり、大阪マラソンに吸収されることになりました。

この最終大会で富士通の鈴木健吾選手が日本記録を大きく更新するという快挙があったのにも関わらず廃止となるのは皮肉なものです。

しかしこのコロナ禍の中、運動不足解消に市民ランナーが増加する社会的変化を捉えてか、滋賀県はびわ湖毎日マラソンの後継となる県内でのマラソン大会を計画していることが明らかになりました。

以下に示す通り、まだ開催そのものを検討している段階ですが、最近の都市型マラソンでは常識となっているエリートランナーと市民ランナーが共に参加する形態となるのは間違いないと思われます。

以下は、滋賀県からの発表内容になります。(2021年9月8日現在)

開催日程

第1回大会の開催日はまだ検討段階です。(まだ開催そのものが議論されている段階ですので。。)

現在のところ、2023年3月12日という案が出ているようです。

具体的な日にちを調整中ということで、2023年の開催はかなり具体的なところまで協議されているのではないでしょうか。

コース

コースもまだ未定です。

ただ、大津市から守山市の間をコースにする案が出ているようです。

その案だと、琵琶湖の南側部分、琵琶湖大橋と近江大橋の間の琵琶湖岸を一周するコースが考えられます。距離にして40km弱程度です。残りの距離はどこかで微調整するとして。。

この間の幹線道路を長時間封鎖する必要がありますが。。エリートマラソンならともかく市民マラソンだと時間も長くなるしちょっと厳しいかな??

いつ開催が決定されそう?

上述のようにまだまだこれからの段階ですが、5月以降に方向性や大会概要を詰めていくそうです。

少なくとも1年以上前には正式な開催発表が行われるでしょうし、2021年秋頃には具体的な情報が出てるくんじゃないでしょうか。

コメント