ランニング歴35年のランナーがシューズメーカーを独断と偏見で比較してみた

その昔、国内のランニングシューズ市場はアシックスの独占状態でしたが、最近は市場の拡大に伴い他のスポーツ用品メーカーもランニングシューズに力を入れた結果、戦国時代という状況に突入しています。

中小のメーカーもありますが、国内の競技者が使用しているメーカーは、アシックス、アディダス、ナイキ、ミズノ、ニューバランスの5社にほぼ限られており、現在はこの5社がしのぎを削っている状況です。

スポーツ用品店で見ても展示されているのはほぼこの5社のシューズであるため、この中から選ぶことになると思いますが、ランニング初心者の方であればメーカーの違いといってもよく分からない場合が多いと思います。

そこでここでは個人的な経験を元に、この5社を比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

アシックス

アシックスは昔も今も国内ではトップブランドですね。

スカイセンサー、ソーティ、ターサーなど数十年も続く名品が多数あります。

トップレベルの競技者の愛用者も多いです。

レベルの高い人ほどアシックスを選ぶ傾向にあると思います。

アシックスはその成り立ちからシューズ中心のメーカーで、またシューズづくりに科学的視点を取り入れた時期も早かったように思います。

それゆえ30年ほど前、国内の競技者はほとんどがアシックスを選び、市場も独占状態でした。

その後もシューズの材料・機能開発面でトップを走ってきたのは間違いないですが、だんだんと他社に追い上げられてきたという感じでしょうか。

現在も競技者向けが強いことは間違いないですが、手広くどのレベルのランナー向けのシューズもカバーしているので、初心者の方が選んでも間違いないでしょう。

北米市場でも強いようで、GT-2000 New Yorkやゲルカヤノなど重量級のシューズが人気のようです。

身体の大きいアメリカ人にはこれらのシューズが似合いますよね。でも身体の小さい日本人にはこれらのシューズはオーバースペックな気がするんですがね。日本でも人気なのは雰囲気?ファッション?

個人的にはアシックスのシューズは足先が狭くて踵側が広いので、いまいちフィットしないものが多いのですが、一般的日本人の足型には合うのでしょう。

なにもよく分からない場合は、まずはアシックスから考えるのが一番かと思います。

アディダス

以前は海外での実績・知名度に比べると、国内市場ではぱっとしないメーカーでしたが、日本で企画されたadizeroシリーズが展開されると、一気にシェアを伸ばしてきました。

実際、私もadizero前後のアディダスシューズを履いてきましたが、前後では全然違いますね。。

adizero前は本当にショボかったです。ありふれた材料を組み合わせて適当に作った感じで、「やっぱり安物は違うな~」と思ったものです。

今は、adizero takumi renを愛用しています。

アシックスのターサーを、もっと足にフィットするようにしたような感じです(個人的にですが)。

品質的にもアシックスと全く引けを取らないレベルのものになってますね。

ただ個人的にはブースト機能は気に入りませんが。。そもそも「クッション性と反発性を両立」というのが怪しいです。ほんとに両立するのかよ。。

レベルの高い走りをすれば両立するのかもしれませんが、5分/kmぐらいで走っている限りでは、ちょっとクッション効きすぎで何かしっくりこない?と感じる程度のものですね。

あと、アディダスのシューズは値落ちが激しいです。公式オンラインショップでもすぐに3割引きとかなります。

発売後すぐに買うのではなく、ちょっと待ってから買った方がよさそうですね。

ナイキ

最近躍進が目覚ましいのがナイキです。

今年マラソンの日本記録を出した設楽選手や、ナイキオレゴンプロジェクトに参加している大迫選手などは、最近話題の厚底シューズ「ズームヴェイパーフライ4%」を履いています。

2018年の箱根駅伝でも、往路優勝した東洋大の選手をはじめとして、ナイキシューズ使用者が大幅に増えてシェア1位になったとのことです。

ただこのメーカーは伝統的に国内向けに企画したシューズは、ぱっとせず、グローバルモデル(?)中心ですね。昔はエキデンレーサーなどという和風な名前の国内企画シューズもありましたが例外ですね。

ですので、国内企画中心のアシックスやアディダスとはテイストがかなり違います。

アメリカンというか、おおざっぱというか、奇抜なもの好きというか、アッパーからソールまで変な(?)ものが多いです。

クセが強すぎますね。。

ということで実は、私は買ったことがありません。。

一度買ってみたいとは思うのですが、いつも最後は「やっぱりやめとこ」となります。

ただこのメーカーは、マーケティングは絶対的にうまいですね。

逆に言うと、ワールドワイドで注目を浴びて売れているほど、本当に実力があるのか、、ちょっと疑念が。。

ミズノ

ここは逆に凋落が激しいですね。

少し前まではアシックスのライバル的なポジションだったはずですが。

なんだか最近はあまり目にしないような。

ごく一部の競技者用のものを除いて、なんだかデザインがちゃっちい気がするんですよね。

ナイキとはまた別のウケ狙いをして外しているというか。

アディダスやナイキが、トップ選手に使われることでブランドイメージを上げているのに対して、ここはなんだか中高生の部活用のイメージが定着しているような。

なんだか悪いことばかり書きましたね。

でもアシックスと共に国内メーカーの両雄ですから、また頑張って競い合ってほしいものです。

ニューバランス

シューズメーカーとしては昔から有名でしたが、スニーカーメーカーという趣でしたね。

あまりこのブランドを使っている人を見たことはありませんでした。

ただ、あの有名な靴の名工(?)三村さんがアディダスとの契約を解除して、このニューバランスに切り替えたということで俄然注目されるようになりました。

個人的には非常に楽しみです。

三村さんはアディダスのブースト機能に否定的だったということですので、ブースト以前のadizero的なシューズを作ってくれればうれしいですね。

少し前のアディダス的なポジションになってくれたらと思うとわくわくします。

コメント