箱根駅伝2020の展望!東海大1強となるのか、青山学院大の逆襲となるのか、はてまた。。

2019年の箱根駅伝は、東海大の初の総合優勝で幕を閉じました。
戦力的には優勝候補の筆頭であった青山学院大と同じレベルであったので、この優勝も不思議ではないはずですが、これまでの箱根駅伝での実績がイマイチだったことから、結構意外な感もありました。
スピードランナーを揃えて、短い駅伝の方を得意とするイメージがありましたし、箱根より距離の短い出雲駅伝、全日本大学駅伝を青山学院大に完勝されていたことから、また優勝は無理なのでは、、と思っていました。
しかし今回はどの区間もブレーキ・取りこぼしが全くなく、その点でいつも他大を圧倒する青山学院大のお株を奪う形でしたね。

また、東海大は4年生が2人しか走っておらず、今回の出場選手が8人も残ります。
となると、2020年の箱根駅伝は東海大が圧倒的優勝候補では、、という感があります。
果たしてそうなのでしょうか??

気の早い話ですが、2020年も優勝争いの軸になるであろう、東海大・青山学院大・東洋大の3校について箱根駅伝に向けた戦力の分析を行ってみました。

スポンサーリンク

東海大

前述のように優勝メンバーの内、8人が残ります。
更に2019年はメンバーから漏れましたが、実質のエースと言ってよい關選手や、本来ならレギュラーメンバーに入っているべき松尾選手や塩澤選手もまだ次回も残ります。

またこれまで苦手としていた(?)箱根の山登り・山下りといった特殊区間も今回区間2位で走ったメンバー(5区:西田選手、6区:中島選手)もそのまま残ります。
更に前シーズンまでは戦力的には申し分なくても、どこかでブレーキがあってズルズルと後退していくということが繰り返されてきましたが、今シーズンは箱根以外の駅伝でも比較的どの選手も安定していました。選手層が厚くなったためとも言えますが、調整能力が高まったためとも考えられます。
そうなるともう圧倒的に優位では?といった感があります。

そうなると、あと気がかりなのは主力選手の故障離脱ぐらいでしょうか。
その点については、今シーズンの關選手・鬼塚選手やその他の主力選手の例を見ても、まだ気がかりです。
東海大の選手は駅伝だけではなく、トラックも同じくらい競技として重視していますので、その負担からか故障が多い傾向があるので、そこだけクリアできればと思います。

青山学院大

2019年の箱根駅伝の絶対本命と思われていた青山学院大。
往路の出遅れが致命的でした。復路はその実力を出し切りましたが、追い上げむなしく5連覇はならず総合2位に終わりました。
大会前、すごく期待された4区(岩見選手)・5区(竹石選手)が逆に大ブレーキを起こしてはどうにもなりませんでしたね。いくら箱根駅伝の距離が長いとはいえ、最近のように各大学の実力が均衡化された状況では2区間も大きなブレーキがあると優勝に手が届かないのは止む無しでしょう。

2020年の戦力を考えると。。
やはり今年の4年生(森田選手、小野田選手、林選手、橋詰選手、梶谷選手)が充実していた分、これらの選手が抜けるとかなり厳しくなりそうです。
何しろ、森田選手は3区の区間記録保持者、小野田選手は6区の区間記録保持者、林選手は7区の区間記録保持者ですからね。うーん、すごいメンバー。

しかし今年度、2年生の吉田圭太選手が大きく伸びてきて、来年度は青山学院大だけでなく大学全体でもトップ級の選手になりそうです。
出雲・全日本・箱根全ての駅伝で区間賞。1万メートルの記録は既に28分27秒。先日の都道府県対抗駅伝や丸亀国際ハーフマラソンでも好走していました。
世羅高時代は5000mではトップレベルの記録を持っていても、駅伝やロードレースでは今一つのイメージでしたが、ここにきて大きく成長してきたようです。

他にも新4年生では鈴木塁人・竹石・吉田裕也・生方選手、新3年生では神林・岩見選手、新2年生では飯田・湯原選手と、少し小粒になる感は否めませんがやはり人材はそろっています。
また新入生でも、都大路などで好走が続いている学法石川の横田選手など期待される選手が大量に入部してくる予定です。

やはり東海大の連覇を阻止する第一候補は、この青山学院大ということになるでしょう。

東洋大

今年度の3大駅伝は、2位・3位・3位とやはり安定した成績を残した東洋大。
途中、エース級の西山選手の不調がありましたが、箱根では1区を連続区間賞。見事に雪辱を果たしました。

その東洋大、今回箱根を走った選手で抜けるのは2区:山本、7区:小笹、9区:中村拳梧の3選手。
エース級の山本選手が抜けるのは痛いですが、青山学院大に比べると影響は小さそうです。

順調に伸びてきた相澤選手が最終学年を迎え、いよいよ大学という枠を超えて日本のトップレベルまで行きそうです。
また、新3年生の西山・吉川選手も期待されます。

あとはそれに続く選手が出てくるかですね。
新2年生の鈴木選手は箱根8区で東海大に抜かれてイメージが良くないですが、それでも区間3位。期待の星です。
ただ、そのあとが。。
やはり東海大・青山学院大に比べると、現時点では選手層が薄いと言わざるを得ないですね。
1年でどれだけ底上げが出来るのか。酒井監督の腕の見せ所です。
なんといってもしぶとい東洋大。対抗できるだけの戦力は整えてくるのではないでしょうか。

こちらもおすすめ!

箱根駅伝2020のLive配信を見るにはどうすればよい?またどんな番組が見られるの?
いよいよお正月の風物詩、箱根駅伝の開催が間近に迫ってきました。 今回(2020年)は、前回優勝の東海大が優勝候補筆頭ながらも、前回2位の青山学院大を始め東洋大、駒澤大、國學院大を含めた5強と言われ、どこが優勝してもおかしくない...
2019年度大学駅伝!出雲駅伝・全日本大学駅伝を終えて箱根駅伝の展望
11月3日、全日本大学駅伝(秩父宮杯第51回全日本大学対抗駅伝選手権大会)が開催され、最終区で逆転した東海大が16年ぶり2度目の優勝を果たしました。 開催前は、出雲駅伝上位の5校、國學院大・駒澤大・東洋大・東海大・青山学院大が...
2019年度大学駅伝!出雲駅伝を終えて全日本大学駅伝、箱根駅伝の展望
10月14日、出雲駅伝(第31回出雲全日本大学選抜駅伝)が開催され、これまでの伝統校・強豪校を破って國學院大が初優勝を遂げました。 國學院大は、浦野選手をはじめ主力選手がトラックシーズン好調で優勝候補の筆頭に挙げる人もいました...
【大学駅伝】青山学院大の主要選手まとめ(2019年度版)
出典: 2019年度は混戦が予想される大学駅伝。それでも2017年度まで箱根駅伝を4連覇した青山学院大は大学3大駅伝のどこでも優勝候補の一つにあげられるでしょう。 前年度までと比べると選手層が薄くなったと言われてもいます...
出雲駅伝2019のコース、有力校のエントリー状況、区間配置予想などまとめてみた
10月14日体育の日、いよいよ2019年大学三大駅伝の初戦、出雲全日本大学選抜駅伝競走(出雲駅伝)が開催されます。前年は、青山学院大、東海大、東洋大の三強という軸がありましたが、今年は左記大学に加えて、国士館大、法政大、駒沢大、帝京...
箱根駅伝
スポンサーリンク
ランニングライフラボをフォローする
スポンサーリンク
ランニングライフラボ

コメント