箱根駅伝におけるシューズブランドのシェアはどう推移したのか?

スポンサーリンク

 

ちょっと時期を逸していますが、2016年から2020年までの箱根駅伝でのシューズブランドのシェアについてグラフ化してみました。

箱根駅伝におけるシューズブランド別使用者数

 

2018年までは主要メーカーが拮抗していましたが、2019年にヴェイパーフライのブレイクによりナイキが完全に抜け出しましたね。

その後、前回2020年についてはみなさんご存じのとおりです。

うーん、棒グラフでみるとナイキ以外は、ほぼぺしゃんこの状態ですね。3年前、いや2年前にこの状態を予想した人が何人いたでしょうか?

しかし、アシックスユーザーが今や一桁とは。。かつては海外はともかく国内においてはほぼシェアを独占していたはずですが。。

栄枯盛衰。ナイキの独走も数年後から見るとはかない夢だった、、ということになるのかもしれません。

コメント