2020年箱根駅伝の各区間通過時のタイム差をグラフにしてみた

スポンサーリンク

chart

区間順位の推移グラフというのはよく見かけますが、もっと精密に通過1位とのタイム差をグラフ化してみました。各区間での各校の変動の様子がよくわかると思います。

なお繰り上げスタートは考慮せず、単純に区間記録の積み上げでグラフ化しています。

スポンサーリンク

2020年箱根駅伝の各区間通過時のタイム差

こうして全体の流れを俯瞰してみると、4区まではまだじりじりと差が広がっているといった状態ですが、5区から一気に大きく差が広がっていく様子が見て取れます。

また復路ではさらにその流れが加速しています。往路が終わった時点では最下位でも10分ちょっとの差ですが、復路ゴール時点では30分以上に開いてますね。。

やはり選手層が薄い大学は往路に主力を集めざるをえず、その結果として復路が手薄になってしまうのでしょう。

また、東海大の復路での追い上げと9区での力尽き感、東洋大の区間ごとの激しい変動、早稲田大の復路での健闘など、グラフを見るだけでもいろいろ見えてきます。

箱根駅伝
スポンサーリンク
ランニングライフラボをフォローする
スポンサーリンク
ランニングライフラボ

コメント