マラソン大会当日の予定表

初めてマラソン大会に参加する場合は、当日どのように行動すればよいか分からず、不安な面があると思います。

まあ仲間連れで参加すれば、あまり気にすることもないですが、そのような場合でもある程度は事情を知っておいた方がよいでしょう。

ということで、当日の行動をシミュレーションしておきましょう。

スポンサーリンク

起床~会場へ出発

  • 朝起きたら、朝食ですね。スタートは10時ぐらいの場合が多いでしょうから、会場が近い場合でも朝食は早めに摂っておいた方がよいでしょう。
マラソン大会当日の食事のおすすめ
何度もマラソン大会に参加したことがあるランナーは、大会前の食事方法は確立していると思いますが、初めて参加される方や、まだ数回しか経験がない方は、どう食事(朝食)を摂るべきなのか結構悩まれると思います。 スタートのどのくらい前に...
  • 持ち物に忘れ物がないかチェックしておきましょう。
マラソン大会参加当日の持ち物チェックリスト
初めてマラソン大会に参加するとなると、何を持っていけばよいのか不安になりますよね。 そこで、必携持ち物チェックリストを作ってみました。 まあ、人によって必要なものは異なるとは思いますが、参考ということで。 以下のリ...
  • さて、出発!

会場へ到着~受付

  • 会場に着く前に受付の場所を確認しておきましょう。とはいえ、大勢の人が同じ場所を目指してますので、付いていけば自然と受付にたどり着きますが。
  • 会場に着いたら、まず受付です。受付時間前に着いてしまったら、後回しですが。
  • 受付では通常、参加証を提示して、ゼッケンや参加賞を受け取ります。地元のボランティアの方が受付をしていただいている場合が多いので、その場合はお疲れ様でーすと。

スタート準備

  • 受付が終わったら、スタートまでを過ごす場所取りです。体育館などの場所が準備会場として用意されている場合が多いです。レジャーシートなどを敷いて自分の場所を確保しておきましょう。
  • 落ち着いたら、受付で配られた大会パンフレットを見て、スタート場所やトイレ・荷物預かり所の場所を確認しておきましょう。
  • ゼッケンをウェアに付けます。これが結構、面倒。また最近は計測チップをシューズに付ける場合も多いです。
  • レース用ウェアに着替えます。寒いときはその上にウィンドブレーカーなどを着ておきます。
  • トイレは行列になる場合が多いです。余裕をもって行っておきましょう。男性の場合は、大と小が判然としない様子で並んでいる場合も多いです。小の場合はそんなに行列にならないはずですから、様子を見ておかしいと思ったら前に進んで確認してみましょう。
  • フルマラソンでは出来るだけエネルギーを確保しておいた方がよいので、スタート前に少しでも何か炭水化物を摂っておいた方がよいと思います。
  • あとは荷物を預かり所に預けます。貴重品までは責任を持って預かってくれませんから、知人が同行しているなら預かってもらうか、ランニングポーチなどに入れて走ることになります。
  • 荷物預かり所も行列になる場合があるので、面倒ということで着替え場所にそのまま置いてしまう場合もあります。私はそれで現金を全て盗まれたことがあります。さすがにそのような横着はやめましょう。。
  • スタート場所に並びます。目標タイム順に区切られて並ぶことが多いですが、参加人数が多い場合は同じ目標タイムでも前方と後方ではかなり距離が出来ます。割り込みすると睨まれますので、少しでも前に並びたい場合は早めにスタート位置に行く必要があります。

スタート~ゴール

  • スタート前は、結構和気あいあいとしてます。市民マラソンのいいところですね。真剣にタイムを狙うシリアスランナーは別でしょうが。
  • スタートの5分くらい前からアナウンスがあると思います。ストップウォッチの準備をしておきましょう。
  • 最後にシューズの靴紐をチェックしておきましょう。
  • スタートの号砲が鳴ったら、ストップウォッチをスタートさせて走り始めます。
  • スタート直後は大混雑状態になる場合が多いので、周りに十分配慮しながら走りましょう。

ゴール後

  • ゴールしたら、ドリンクをもらって、そのまま記録証を発行してもらうというパターンが多いです。
  • しんどかったら、しばらくゴール付近でのんびりしましょう。
  • 落ち着いたら、荷物預かり所で荷物を返してもらって、準備会場に戻って着替えます。
  • 冬は、うどんや豚汁を提供してくれる場合が多いです。ありがたく頂きましょう。疲れ切った身体に沁みわたります。
  • 全て終わったら、おうちに帰りましょう。おつかれさま!

コメント