ランニング時の防寒対策

スポンサーリンク

ランニングに適した季節といえば、涼しい時期、または寒い時期ですね。

特に長い距離を走るのには、少々寒いぐらいがちょうどいいです。

でも、寒すぎるとね。。

走り始めが特につらいです。

ランニングが嫌いな人たちから見たら、「このくそ寒いのになんで~」とか思うでしょうね。

否定はしません。だって、その通りですから。

まあ、それでも走るのがランニング族(?)なんですよね。

しかし少しでも寒さを防げればそれに越したことはないです。

そこで、ランニング時の寒さ対策について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

ランニングウェア

ランニングウェアは最近すごく進歩しましたよね。

昔は冬のランニングウェアといえば、Tシャツの上にジャージを着て、その上にウィンドブレーカーというのが定番でした。

ウィンドブレーカーも無い時代(というか一般的でない時代)は、ジャージだけでした。うーん、よくそんな恰好でがまんしてましたね。。

最近は下はタイツを履くのが定番ですし、上もピッタリフィットしたものが多いですね。

これで全然違います。

特に下の方は、タイツを履けば寒さは全然気になりません。

いまだに昔ながらのウェアで走っている人も多いですが、一度タイツや、アンダーアーマーなどの最近のウェアをぜひとも試してもらいたいです。

ほんとに全然違いますよ!

ランニングシューズ

ランニングシューズに防寒機能ってのは無いですね。

ただ、寒いときは分厚いジョギング用シューズの方が楽ですね。

高速用のアウターソールが薄いものは、寒い中走りだすと着地が痛いです。。

暖まってくればいい感じになるのですが。それまでは。

逆に暑いときは薄いシューズの方が合います。厚い方は暑苦しい感じがしますね。

ランニングコース

ランニングコースで考えないといけないのは、やはり風対策ですかね。

向かい風が強いと、かなりつらいです。

橋の上とか、周りが田畑で遮るものが無いところなどは、強烈に風が吹く場合があります。

そういうのを考えると、住宅地内で走るのがいいですね。

まとめ

やはり一番重要なのはウェアですね。

でも顔についてはいかんともしがたいですね。

それを解決できれば一大発明なのでしょうが。

だれか考えてくれないでしょうか?

コメント