やってみると楽しいぞ!年中行事タイアップランニング

「年中行事タイアップランニング」

って、聞いたことありませんよね。

はい、私が勝手に名付けました。

他に適当な呼び方があるのかもしれませんが。

えーと、これは初詣とかの年中行事に合わせてランニングを行うという、素朴な活動です。

世の中の人たちが、ワイワイと行事を楽しんでいる中、我々ランナーはその中を怒涛のごとく駆け抜けていくのです。

楽しそうだと思いませんか?

え、楽しくなさそう?

まあ、そう思う人は思わば思え。

たくさんランナー同志集まって走ればもちろん楽しいですし、一人孤独に走るというのもそれはそれで趣のあるものです。

それでは、どんな年中行事に合わせればよいか見てみましょう。

スポンサーリンク

初詣&初日の出

元日の朝。

まだ真っ暗な中、起きだしてランニングウェアに着替えるのです。

なんでこんなことをやるんだろう?と思うかもしれません。

そこはぐっと我慢。

お賽銭を持って、ちょいと家から離れた大きめの神社を目指すのです。

同じように神社に向かって歩いている人たちが、ちらほらと見えるでしょう。

神社に着き、お参りを済ませたら、今度は初詣のビューポイントを目指して走ります。

この辺りは時間と場所を念入りに計画しておく必要があります。

ちょうど朝日が昇る時間帯に、昇る方向に向かって走るようにしなければなりません。

それもいい感じに山あいから日が出てくるのが見えるように。

でもうまい具合に初日の出を見ることが出来れば、最高の気分で一年のスタートが切れるでしょう。。やっほい。

ビールの日

ビールの日ってあるのをご存知でしょうか?

4月23日がビールの日だそうです。

1516年4月23日に、現在のドイツに位置するバイエルン公国でビールに関する法令が発布されたことに由来するそうです。

まあそんな話はどうでもいいのですが、ランニングとビールはとても相性がいいです。

私など、半分はビールをおいしく飲むために走っているのかもしれません。

そこで!

ビールの日には、走る前にあらかじめ世界の様々な地ビールを集めておきましょう。

そしてランニング開始。

適当に(?)走ったらシャワーを浴びて、さあビアパーティーです。

ぐでんぐでんになるまで飲みましょう。

まあビールだけでそんなに酔わないか。

まあそんなわけで(?)ビールを発明した人に感謝する日にしましょう。

花火大会

花火が打ちあがる中、走るのです。

間違っても花火を見るためのイベント会場を走ってはいけません。

人ごみの中で地獄を見るでしょう。

まあ、花火はどこでも見れます。

適当に高台などを目指せばいいでしょう。

じっと座って鑑賞する花火とはまた違った趣が味わえます。

中秋の名月

中秋の名月とは、陰暦8月15日の夜(十五夜)に見える月のことです。

現在の太陽暦では決まった日にはなりませんが、だいたい9月の後半ぐらいの日になります。

騒がしい花火大会もそれはそれで見てて楽しいものですが、静かに満月を見ながら走るのも趣深いものです。

涼しくなり始めの頃でもありますし、ちょっとしんみりとした気分でお月様とご対面ください。

クリスマス

クリスマスに走るって、変でしょうか?

まあ、恋人同士のラブラブな姿を見ながら走るのも、

小さな子供を抱えて、幸せそうな家族の様子も見ながら走るのも、

結局、この社会の幸せな様子を見れるということで、それはそれでいいんじゃないでしょうか。

幸せのおすそ分けをしてもらった気分で。

ジョンレノンのハッピークリスマスでも聴きながら走ると、とても幸せな気分になれますよ。

コメント