厚底 vs 薄底シューズ論争

スポンサーリンク

今年の箱根駅伝で、厚底シューズのナイキズームヴェイパーフライ4%を履いた東洋大学が躍進しました。

これまで競技用シューズのアウターソールは薄くあるべし!というのが、日本国内での主流の考え方でしたし、実際競技者はほとんど薄底のシューズを選んでいました。

また、テレビドラマにもなった「陸王」でも、足袋のような裸足感覚で走れるシューズこそが、本来の足の動きを発揮できるベストなカタチという設定で語られていました。

じゃあ、厚底と薄底、どちらがいいの?という論争が巻き起こっています。

そこでこの論争について考えてみたいと思います。

ただし、私は大昔に競技を引退していますし、トップレベルのランナーでもありませんでした。またヴェイパーフライを履いたこともありませんので、単なる飲み屋の席での戯言ぐらいに考えてください。ははは。

スポンサーリンク

故障しにくいのは?

これは個人的な経験上では、薄い方が故障しにくいと思ってます。

もちろん、一般的な市民ランナーレベルでの話ですが。

一般論としては、厚底シューズの方が故障に対する保護の機能を備えていると言えるでしょうし、脚力のない初心者は厚底を選ぶべきという考えが主流かと思います。

しかし一概にはそうは言えないと思います。

本当にスローなペースでそろそろと走るのなら、クッションがあって悪いことはないと思います。

しかし、そこそこのペースで走るなら、着地時、脚の挙動はかなり不安定になります。その際に厚底のシューズだと、その不安定さが一層ひどくなっていると思います。

そのため、厚底のシューズの方が膝などに大きな負担がかかってしまい、故障につながりやすいというイメージがあります。

実際、個人的な経験上は、厚底のジョギングシューズを履いていた時期の方が膝の痛みがよく起こっていた気がします。

これがトップレベルの競技者なら、きっちりした着地が出来ているから関係ないのでしょうが。

まあ、そう思うだけですが。

速く走れるのは?

これはどうなんでしょ?

トップレベルのスピードで走るなら、地面を蹴るときに接地している前足部の反発性は必須だと思うのですが。

実際、ヴェイパーフライも前足部分はそんなに厚底ではないのでは?

履いたことないので分かりませんが。

写真で見るとアウターソールの前足部分もかなりの厚底に見えますが、アッパー部分の形状からして、外部から見えているアウターソールのように見える部分の全部が、ソールではないような気がします。(説明が難しい。。)

それでもソーティなどと比べると厚いのでしょうが、それほど騒ぐほどのことではない気が。。

かかと部のゴツサに目をとられて、イメージ操作されているような気もします。

誰にとってもベストなシューズなど無い

なんだがごにょごにょと書きましたが、厚底と薄底とどっちが勝ち!ということはないと思います。

脚力、走り方、ペース、みんな様々ですし、誰にとっても、こちらがベスト!というものは無いと思います。

トップレベルの競技者であっても。

まあ、新しいコンセプトのシューズが出てくるのこと自体は楽しいし、うれしいことですよね。

一度は履いて走ってみたいものです。ヴェイパーフライ4%。

でも高すぎます。。

コメント